ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【国際】韓国の恥ずかしい失態、竹島領有権広報にNHKの映像を無断使用

韓国外務省が島根県・竹島の領有権を主張するために制作した動画に、NHKドラマ「坂の上の雲」の映像の一部を無断使用していたことが分かりました。NHKからの指摘で韓国外務省は該当する動画を27日にホームページ上から削除しました。

坂の上の雲」は2009年から2012年の3年に渡ってNHKで放送された特別番組。司馬遼太郎の同名作品が原作の、日露戦争を舞台にしたドラマです。韓国外務省が制作会社に外注して制作した12分の動画のうち、約10秒ほどがドラマの映像だったそう。外注先の制作会社も無断使用を認めています。

自国の主張のためのPRビデオに、あろうことか他国、しかも敵視している相手国の著作物を無断使用して謝罪する、というなんともお粗末な展開ですが、この展開になにより激怒しているのは韓国国民のようです。

 

「やっぱり親日政府だったか」

「政府機関がなにやってんだ」

「ふざけるな! それでも公務員か!」

「日本にあげてしまえ」

「独島映像に日本の映像を入れるなんて! 狂ってる」

(ロケットニュース24)

 

 

反日感情が日に日に高まる中、今回の失態が「親日的」と捉えられて反発を招くのも無理はないことかもしれません。「親日」というワードが出ただけでここまで過剰に反応する韓国国民もどうかとは思うのですが。。。

 

竹島問題や慰安婦問題など、日韓の間の問題をことさらに大きく扱い、韓国国内の反日感情を煽ることで、経済危機などの国内問題から目をそらせるのが韓国政府の基本的なやり方です。現在のパク・クネ大統領も同様の路線をとっていますが、もともとは父親の方針を受け継いで親日的な姿勢をもっていたと言われています。

しかしこれまでずっと、反日感情を煽ることで韓国国内をまとめる、という方針をとってきた政府としては急に路線変更をするわけにもいかず、反日路線をさらに過激にしていく方向でいるようです。

 

ところが、今回発覚してしまった失態で韓国は日本に謝罪をしなければならない事態に追い込まれています。

 

領有権主張のために断固とした態度を見せようとしている時に、日本で作られた映像を、しかも無断で使用していたことが判明したのである。強い姿勢を示すどころか、謝罪しなければならないという皮肉な展開に、韓国国民は激怒しているのだ。韓国メディアも「恥をさらした!」などと報じている。

(ロケットニュース24)

 

とあり、「恥ずかしい展開」となったようです。

 

あいかわらず笑いのネタを続々提供してくれる韓国政府、次はいったいどんなネタを披露してくれるのでしょうか。今から楽しみです。

 

 

【ニュースソース】

韓国の“独島”広報動画でNHKドラマを無断使用、外交部関係者は「非常に恥ずかしい」―中国メディア
新華社通信ネットジャパン

韓国 NHKの映像を無断使用
NHK

韓国「失態」 独島広報用動画でNHKドラマ無断使用
朝鮮日報

独島:外交部赤っ恥、広報動画でNHKドラマ無断使用
朝鮮日報

独島の広報動画に日本のドラマ場面…韓国外交部「すぐに削除した」
中央日報

韓国竹島動画、NHKの「坂の上の雲」映像使う
読売新聞 

韓国、NHK映像を無断利用 竹島主張に「坂の上の雲」
朝日新聞

日本ドラマを無断使用 韓国の竹島宣伝動画
MSN産経ニュース

「独島」広報動画にNHK映像…しかも無断「恥さらし!」=韓国
サーチナニュース

韓国政府が竹島の広報動画でNHK映像を無断使用 → 韓国ネットユーザーは「この親日政府がぁ!」とブチギレ
ロケットニュース24 

 

 

広告を非表示にする