ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【国際】米上院が中国非難決議案を提出、尖閣問題巡り牽制

米上院の3議員が13日までに、南シナ海東シナ海における中国の軍事的威圧行動に対する非難決議案を提出しました。中国の軍事的挑発行動を非難し、平和的な解決を求める内容です。

尖閣諸島の他、中国はベトナムやフィリピンにも軍事的挑発行動を繰り返しています。南シナ海で中国船が11年5月にベトナム調査船のケーブルを切断したり、12年4月にフィリピンと領有権を争っているスカボロー礁の入口を封鎖したり、「安定を損なう行動」をとっており、批判をあびていました。

今月行われた米中首脳会談では、オバマ大統領から「米国は、日本と日本の民主主義を完全に信頼している」として日米関係の強さを強調されクギをさされた格好となりましたが、

 

これに対し、習主席は「これまで自重してきている」「今後も自重していく」と応じたが、首脳会談終了後も、尖閣周辺海域への中国公船の侵入は続き、14日午前には日本領海内に中国の海洋監視船3隻が侵入した。ZAKZAK

 

といった活動をおこなっており、中国への警戒はまだまだ必要です。

 

この決議案について小野寺五典防衛相は14日の記者会見で、「我が国の立場を支持する決議が出されたこと、これは歓迎をしたいと思っている。このような決議が行われることで、我が国の対応について、米側にも広く評価をしていただくのは重要なこと」と歓迎の意を表明している。(地震予測検証 / 防災情報 ハザードラボ)

 

日本側は今回の中国非難決議案を歓迎しているようです。

一方、中国の軍事活動に関して、決議案を提出した米議院は

 

沖縄に対する日本の主権を否定する論調が中国で相次いだことにも触れ、沖縄は米軍の主要な駐留先だと指摘して不快感をにじませた。(時事通信)

 

と発言、今回の決議案が「日本との関係重視」というよりも、「日本にある米軍基地を重要視」という姿勢がにじみでているようにも感じられます。

 

建前上、日本は独立国ですが、事実上の米国属州のようにも感じられてきます。

 

 

【ニュースソース】

超党派議員、米上院に「中国非難決議」を提出 尖閣などへの威圧行動問題視
ZAKZAK

米上院 尖閣巡り中国けん制の決議案
NHK

米上院 尖閣などで中国非難の決議案
地震予測検証 / 防災情報 ハザードラボ

米上院:中国非難決議へ 東シナ海や南シナ海緊張で
毎日新聞

米、尖閣で対中非難決議案を提出 示威行動けん制
47NEWS

米上院「尖閣」決議案を歓迎=小野寺防衛相
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

米上院、尖閣念頭に「平和的解決支持」決議へ
読売新聞

中国の威嚇行為非難=尖閣などで超党派決議案-米上院
時事通信

尖閣、沖縄、レーダー照射…米上院が中国非難決議提出 「日本は米の同盟国、認識を」
MSN産経ニュース

米議会が海洋紛争めぐり中国非難決議案 尖閣でのレーダー照射や領海侵犯も批判
J-CASTニュース

広告を非表示にする