ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【政治】山本太郎氏が天皇陛下に手紙で直訴?秋の園遊会での出来事

31日午後、赤坂御苑で開かれた空きの園遊会で、山本太郎参議院議員が天皇陛下に手紙を渡す、というハプニングが起こりました。山本氏の事務所によると、福島第一原発の事故による被曝の現状を訴える内容であるとのこと。この行為に対して宮内庁は困惑しており、陛下に直接手紙を渡す行為は極めて異例としています。陛下は受け取った手紙をすぐに侍従長に渡された、とのこと。

 

菅長官は「手紙を渡すことがその場にふさわしいかどうか。常識的な線引きはあるのだろう」と述べ、不快感を示した。

(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)

参院議院運営委員会は、山本太郎参院議員が秋の園遊会天皇陛下に手紙を手渡したことについて、11月1日午前11時に理事会を開き、対応を協議する。

(時事通信)

 

このように、政府は山本氏の行動に不快感を示しており、今後の対応を協議する方針です。

 

対する山本氏は

 

「常識的には失礼に当たるかもしれないと思ったが、禁じられているとは聞いていなかった」と主張。その上で「陛下を政治利用したことにはあたらないが、どうレッテルを貼ってもらっても結構だ」と強調した。

ZAKZAK

 

としており、陛下への手紙の手渡しが禁止されていることはしらなかった、とした上で今回の行動に問題はない、と主張しています。

こうした一連の動きについて、「天皇陛下を政治利用する行為なのではないか?」と批判する向きもあるようです。

 

さて、肝心の手紙の内容については

 

 

「子供と労働者を被ばくから救って下さるよう、お手をお貸し下さい」

(J-CASTニュース)

 

というものだそうです。天皇陛下の政治利用に関しては見解が分かれるところでしょう。ただ、ここで天皇陛下の権限の範囲というものを改めて考えてしまいます。現在の日本は象徴天皇制を敷いており、その権限は皇室典範に基づいています。

 

日本国憲法第1条は、天皇を日本国と日本国民統合の「象徴」と規定する。その地位は、主権者(主権在民)たる日本国民の総意に基づくものとされ(前文、第1条)、国会の議決する皇室典範に基づき、世襲によって受け継がれる(第2条)。天皇の職務は、国事行為を行うことに限定され(第7条)、内閣の助言と承認を必要とする(第3条)。国政に関する権能を全く有さない(第4条)。

Wikipedia象徴天皇制”)

 

Wikipediaによれば、象徴天皇制において天皇陛下は「国政に関する機能を全く有さない」と定めています。つまり、天皇陛下政治的権力はない、としているのです。したがって、天皇陛下に対して政治家が「お手をお貸し下さい」というのは陛下に対して政治的な助力を求めることとひとしく、政治的権力をもたない陛下には結果としてなにもできない、意味のない行為であると言えるのです。むしろ、問題解決のために政治家がいるわけで、それを天皇陛下に求めるということは政治家としての職務放棄と見られてもおかしくない行為であると言えます。

もちろん、山本氏にとっては「天皇陛下に手紙を手渡した」という行為が大きく取り上げられることで自身の考えをより強く主張するものである、という意思表示をしたという点で大きな意味があるでしょう。

 

さて、一部には「田中正造と同じである」とする声があるようです。足尾銅山鉱毒事件の解決に奔走した明治時代の政治家、田中正造明治天皇に対して鉱毒事件の解決を望む直訴を天皇陛下に行おうとして失敗した事件がありました。その際は警備の警官に取り押さえられています。ただ、このときの天皇制は現在と違い、天皇陛下が強い政治的権限をもっていました。そのため、天皇陛下の権限により問題解決を図る、ということも可能だったと思われますが、現在の天皇制でそれを行うのは「現在の政治制度を理解していない」「政治家としての職務放棄」と批判されてもおかしくないのです。

 

ただ一方で、

 

「こういうのは山本太郎しかできないし、どんどんやったら良い」などと賛意を示す人もある。

(J-CASTニュース)

 

と賛意を示す向きもあります。

 

ただ、少々疑問なのは、後ろ盾に中核派がいると見られる山本氏が天皇陛下に助力をなぜ求めるのか、ということです。中核派は過激派左翼であり、天皇制を否定する立場をとります。思想的に中核派に寄り添っているのならば、天皇陛下に助力を求めること、というよりそもそも園遊会に参加していること自体がどこかおかしいのです。ということは、中核派との間に考え方の差異があるといえるかもしれませんし、うがった見方をすると、「手紙になにか危険物を仕込んで天皇陛下に危害を加える意図があるかもしれない」とも考えられるのです。もし山本氏が中核派の思想をじゅうぶん理解しないままにこのような行為に及んだとすれば、中核派から何らかの報復がある可能性が出てきます。国会でも山本氏の対応を協議する方針のようですし、今回の一連の動きは各所に波紋を呼びそうです。

 

当方、これまでアンチ山本太郎でした。おそらく反原発派の方々の過激な行動・言動に対して嫌悪感をもっており、そのために反原発派である山本太郎氏に対しても嫌悪感をもっていたのだろうと思います。ただ、これまでの彼の一連の動きを眺めてみて、そうした反発が薄らいできています。もしかしたら山本太郎氏は「政治に関しては無知だが正義感あふれる行動派」なのじゃなかろうか、と。もちろん、彼の行動のためにわざわざ対応協議がなされ、国会スケジュールを乱す、という迷惑な部分があることは確かです。また、彼の主張は過激なところがあり、主流にはなり得ないと考えています。が、問題提起をするトリックスターとしては十分な役割を果たすのではないか・・・そんなふうにも思えてきます。彼の行動が悪い方に働かなければいいのですが。

 

【ニュースソース】

山本太郎議員、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡し
毎日放送

山本太郎参院議員、天皇陛下に直訴?=侍従長が手紙預かる
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

山本太郎参議院議員、天皇陛下に手紙渡す:官房長官は不快感
newclassic

山本太郎議員、園遊会で天皇陛下に手紙のようなものを手渡す
FNN

山本太郎参議院議員「今の現状をお伝えする内容」:天皇陛下への手紙
newclassic 

陛下への手紙渡し 「常識的な線引きある」 菅氏が不快感
MSN産経ニュース

山本太郎、園遊会で天皇陛下に「手紙」渡す 内容は「子どもと労働者を被曝から救って」?
J-CASTニュース

陛下に手紙渡した山本太郎参院議員「禁じられているとは聞いていなかった」
ZAKZAK

山本太郎議員問題、1日に協議=参院議運委
時事通信

山本太郎参院議員、陛下に手紙渡す 園遊会
日本経済新聞

山本太郎参院議員、天皇陛下に手紙=「原発問題伝えたかった」-秋の園遊会で手渡す
時事通信

山本太郎参院議員、天皇陛下に手紙渡す 秋の園遊会で
asahi.com

 

 

広告を非表示にする