ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【災害】フィリピン南部でM7.1の地震発生、死者約100名との報道も

日本では台風26号の通過で影響が出ていますが、一方東南アジアのフィリピンでは強い地震があったようです。現地時間の15日午前8時過ぎ(日本時間で同日午前9時過ぎ)にフィリピン南部のボホール島でマグニチュード7.1の地震が発生。報道により異なりますが、最大で約100名の死者が出たとされています。

日本人が多く留学しているセブ島でもつよい揺れが観測されましたが、いまのところ日本人の死傷者はないとのことです。

 

ほぼ1時間の間に、マグニチュード5,4 及び 5,2のものも含め、少なくとも10回の余震があった。フィリピンの地震学者らは、余震はまだ続く可能性があるとして警戒を呼びかけている。

(VOR ロシアの声)

 

その後強い余震が観測されており、警戒を呼びかけている状態のようです。

 

フィリピンは日本と同様、環太平洋造山帯の上に位置する地震国です。日本の場合、太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレート、北アメリカプレートの4つのプレートが接しているため非常に地震の多い国となっていますが、一方のフィリピンもフィリピン海プレートとユーラシアプレートが接している真上に位置しており、地震の多い国です。また、フィリピンは台風の通り道にも位置しており、自然災害の受けやすさという点では日本と似ている、と言えるでしょう。

フィリピンでは2012年8月31日にもM7.6の大きな地震が発生しています。その際は死者1名。津波被害はありませんでした。

 

数ヶ月おきに世界各地での大きな地震のニュースが聞こえてきます。このブログで取り上げただけでも、以下の5つがあります。

 

9月25日:パキスタンでM7.7の地震、死者すくなくとも45名

9月20日:いわき市で震度5強、「東日本大震災の余震」と気象庁

7月3日:インドネシア・スマトラ島でM6.1の地震、死者12名に

6月3日:台湾でM6.3の強い地震が発生、2名死亡1名行方不明

5月25日:ロシア・カムチャツカ半島沖でM8超の地震発生

 

日本でもまだまだ東日本大震災の余震と思われる地震が続いています。万が一の備えをどうぞ怠らぬよう。

 

 

【ニュースソース】

フィリピンでM7.1の地震、28人死亡
CNN Japan

フィリピンでM7.1の地震、セブ島などで67人死亡
TBS News

フィリピン南部でM7.1の地震 死者85人に
テレビ朝日

フィリピン南部 M7,1地震発生 犠牲者あり
VOR ロシアの声

フィリピン:南部の地震 死者93人の報道も
毎日新聞

フィリピン中部でM7・1地震、93人死亡
読売新聞

フィリピン地震 死者およそ100人に (ビデオ)
VOR ロシアの声

死者67人に=邦人被害の情報なし-比中部地震
時事通信

フィリピン南部でM7・1の地震
新潟日報

フィリピン中部でM7・1、93人死亡…最古の教会も被害
MSN産経ニュース

フィリピン地震、死者96人に
新潟日報

UPDATE 1-フィリピン中部でM7.2の地震、74人死亡・260人負傷
ロイター

フィリピンでM7.1の地震 67人が死亡
読売テレビ NEWS&WEATHER

 

 

広告を非表示にする