ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【災害】インドネシア・スマトラ島でM6.1の地震、死者12名に

日本時間の2日午後4時37分にインドネシア・スマトラ島北西部のアチェ州でM6.1の地震が発生しました。複数の場所で土砂崩れが発生、家屋倒壊等で3日午前4時の段階で12名の死亡が確認されています。震源地近くの水力発電所建設工事に関わる日本人が数名いましたが、全員の無事が確認されています。

 

また、最初の地震のあと、余震とみられるマグニチュード5クラスの地震が2度発生し、一部で地滑りが起きて、行方不明者が出ているということです。
インドネシア政府は軍や警察を派遣して、行方不明者の捜索や被害を受けた人たちへの救援活動を進めています。

(NHK)

  

NHKの報道によると、M5クラスの余震が2度ほど発生しており、被害が拡大しているようです。

 

6月23日にカナダとインドを襲った洪水のニュースを取り上げました(“【国際】カナダの洪水で100万人避難、インドでも豪雨で死者500名超”)。今度は大きな地震のニュースです。先月初め、台湾でもM6クラスの地震が発生しており、環太平洋地域での地震活動がよく報道されています。

インドネシアでは昨年4月、M8.6の大地震、M8.2の余震が発生しています。

 

だが、インドネシアで11日に発生した1回目の地震は、マグニチュード8.6という巨大なもので、2004年の地震の震源から西に約320km離れた地点で発生した。その数時間後には、マグニチュード8.2の余震が本震の震源から南西に約160km離れた地点で発生している。どちらの地震も縦方向より横方向の揺れが強かったため、大きな津波は発生しなかった。
今回の地震に関与した断層は、インド・プレートとオーストラリア・プレートの間に広がる「曖昧な」境界と関係がある。

(MSN産経ニュース“インドネシア沖地震は史上最大規模の「横ずれ型」”)

 

 

日本では南海トラフ地震が懸念されており、地震のニュースは気になるところです。

 

【参考】

 

 

【ニュースソース】

インドネシア スマトラ島北部でM6.1の地震
地震予測検証 / 防災情報 ハザードラボ

スマトラ島でM6.2の地震 3人死亡
NHK

インドネシアのスマトラ島北端でM6.2の地震
ロイター

アチェでM6.1、5人死亡=一時パニック-インドネシア
時事通信

[事件]スマトラ島で地震 6人死亡 M6・1 200人超負傷(2013.7.3 01:02)
MSN産経ニュース

インドネシア・アチェでM6・1の地震 5人死亡の報道
asahi.com

スマトラ島地震 死者12人に
NHK

広告を非表示にする