ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【国際】NSA個人情報収集問題、FBとMSが当局からの要請を公表

米国国家安全保障局(NSA)が市民の個人情報をIT企業や通信企業から収集していたとされる問題で、米Facebookと米Microsoftが14日、政府当局から情報提供があったことを公表しました。NSAは昨年下半期、Facebookに対して約1万件、Microsoftに対して約7000件の個人情報提供を求めていたようです。いずれも「法的に認められた範囲」でのデータしか提供しておらず断ったケースも多い、としています。情報提供した具体的なケースはCNNが報じていました。

6月9日、“米国当局への個人情報提供、GoogleやFacebookは公式否定”で各企業がNSAへの情報提供を公式否定したニュースはこのブログでも取り上げました。しかし、今回の発表では「法律で認められた範囲で提供している」とのこと。この件に関しては政府当局と全く関与していない、というわけではなさそうです。

 

米国家安全保障局(NSA)がインターネット上などの個人情報を集めていた問題で、会員制交流サイト(SNS)最大手フェイスブックマイクロソフト(MS)の米IT2社は14日、米政府機関などから昨年後半に計1万7千件程度の情報提供を要請されていたと明らかにした。利用者の不安が高まる中、情報提供は限定的であると訴え、信頼をつなぎ留めたい考えだ。(MSN産経ニュース)

 

MSNが報じているように、この件は米国当局だけでなく、IT企業や通信企業に対する市民の不信感を煽るものともなりました。今回のFacebookやMicrosoftの対応は信頼を回復するため、あるいは批判の矛先を政府当局にそらす意図があるようです。

 

フェイスブックやMSなど米IT大手は、政府機関に無制限に顧客情報を提供しているとの疑惑が浮上したことを受けて、要請件数などの公表を認めるよう政府に要求。政府が公表を認めたことを受け、件数を公表した。(時事通信)

 

今回の発表は政府との間で協議し、政府が公表を認めたために行われたものでした。政府が公表を認めなければ、いずれの企業も公式には関与を否定した状態のままだったのでしょう。政府としても、大企業からの要請であるだけに、断りきれなかったところもあるのではないでしょうか。

 

 

【ニュースソース】

フェイスブックに1万件提供要請 米機関、テロ対策で昨年後半に
福井新聞

フェイスブック・マイクロソフト 当局からの情報提供要請数公表
NHK

FBとMS、米政府からの個人情報提供要請を公表
TBS News

FBに1万件要請 米情報収集MSにも7000件
東京新聞

米政府からフェイスブックへの情報提供要請は9000~1万件
AFPBB News

1万件情報提供要請も 米政府がフェイスブックに…
テレビ朝日

半年で1.7万回の情報開示要請=米政府、フェイスブックとMSに
時事通信

フェイスブックとマイクロソフトが公表
日本経済新聞

FBに半年で1万件の情報提供要請
日テレNEWS24

米の個人情報収集問題でIT2社が実態公表、FBには1万件要請、信頼回復に躍起
MSN産経ニュース

米政府、FBとMSに情報提供要請
CNN Japan

広告を非表示にする