ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【国際】日米首脳電話会談、尖閣問題でオバマ大統領は日本支持

安倍晋三首相は13日、オバマ米大統領と30分間、電話で会談しました。オバマ大統領は7日、8日に行われた中国の習近平国家主席との会談内容を説明。オバマ大統領は中国に対し、日本はアメリカの同盟国であること、尖閣諸島問題に関しては軍事的挑発を許さないことを主張、中国の動きにクギを刺しています。このように日本の立場を支持する一方で、安倍首相に対しては日中間の対話が重要であるとして、日中関係の改善を求めました。

 

オバマ大統領が、米カリフォルニア州で行われた米中首脳会談で、習近平国家主席に対し、「まず中国側は、日本が米国の同盟国であることを認識する必要がある」と通告していたことが分かった。習主席が、沖縄県・尖閣諸島を「中国固有の領土」などと主張したことに、事実上、「軍事的挑発は認めない」と強くくぎを刺したものだ。習主席としては、米国に海洋拡張主義を黙認させる思惑があったが、第1ラウンドは完敗といえそうだ。ZAKZAK

 

中国側としては日本を外交的に攻めるにあたりアメリカの協力を得たいところだったのでしょうが、アメリカは日本との関係を重要視している、という主張です。

もちろんこれは、「アメリカは日本の国益を重要視している」というのではなく、「アメリカのアジア戦略において、中国、韓国、北朝鮮を牽制するにあたり日本は地政学的に重要」という見なし方をしていることのあらわれでしょう。私個人としては、日本は周辺国から自分で自分の身を守るためにアメリカを利用する、くらいの心づもりでいるべき、と考えます。

 

ただ、これで中国が東シナ海南シナ海への野心を捨てることはない。習主席は国内に向けにも『俺は米国に言うだけのことを言った』といい、尖閣周辺への挑発を続けるだろう。中国はさまざまな矛盾を抱えており、『反日』を誇示しなければ国内が持たず、習主席も引きずり下ろされる。日本は自国を守る覚悟をしなければならない。ZAKZAK

 

中国は周辺国に対して政治的、軍事的圧力を強めています。それに対してアジア諸国から反発があります。ベトナムで反中デモが発生したことは、6月3日にこのブログでもとりあげました(【国際】ベトナムで反中デモ、約30名が拘束)。

 

「自分で自分の身を守る」ことを、日本は真剣に考えるべきだと私は考えます。

「憲法9条があるから日本は戦争には巻き込まれない」と考えている方もいらっしゃるようですが、現実問題、中国と北朝鮮からすでに軍事的な挑発を受けています。直接の攻撃をしてこないのは日本に米軍が駐留しているからであって、9条があるからでは決してありません。米軍基地を撤去し、9条を維持して武装解除したとしたら、武装した強盗がくるのが分かっていながら丸腰でいるようなものです。

 

戦争放棄」は私もすばらしい理念だと思います。しかし、それで国が滅んでもいいのでしょうか。

 

 

【ニュースソース】

日中対話が重要、日米首脳電話会談
MSN産経ニュース

日中の対話重視=日米首脳が電話会談
時事通信

「米が対日配慮、一方で対話要求」
MSN産経ニュース

尖閣巡る日中対立、対話継続で一致…日米首脳
読売新聞

日米、対中国・北朝鮮で結束確認 首脳が電話協議
日本経済新聞 

日米首脳電話会談 オバマ大統領、拉致問題で日本の立場を支持
FNN

米大統領 中国に「脅迫見過ごせない」
NHK

47NEWS > 共同ニュース > 米大統領、中国の対日姿勢非難 尖閣めぐり習主席に
47NEWS

尖閣めぐり日中の対話重要で一致 日米首脳が電話会談
中国新聞

日米首脳が電話会談、米中首脳会談を直接説明
TBS News

習主席、オバマ氏に“完敗” 中国に警告「日本は同盟国、認識を」
ZAKZAK

広告を非表示にする