ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【ビジネス】ウォーレン・バフェット氏とのランチ権、100万ドルで落札

アメリカの著名投資家、ウォーレン・バフェット氏とのランチ権が7日、100万100ドルで落札されました。バフェット氏とのランチ権はネットオークション大手の米イーベイで5日間に渡ってオークションにかけられ、106件の入札がありました。この収益はサンフランシスコのテンダーロイン地区で貧困層やホームレスを支援する「グライド基金」に寄付されるとのことです。

100万ドル(約9700万円)で落札された、というのもすごいですが、これでも昨年の346万ドル、一昨年の263万ドルに比べると大幅に値崩れしている、というのも驚きです。上昇傾向にあったランチ権の入札価格ですが、ここに至って昨年の3分の1に下落。この背景にはなにがあったのでしょうか。

 

今年の落札額は、過去最高額だった昨年の350万ドルを大幅に下回り、2007年以降で最も低い額となった。今回の落札者も前年に続き、匿名での参加だった。(CNN)

 

このニュースをみて思い出すのが、昨年、X JAPANYOSHIKIさんがプライベート・ディナー権をオークションにかけたニュース。290万円で落札とのことで、バフェット氏のランチ権から一桁落ちてしまいますが、ファンの方にとってはたまらないでしょう。YOSHIKIさんのディナー権の収益もチャリティーに寄付されるとのこと。

 

こうした活動が広がりを見せているということでしょうか。

 

 

【ニュースソース】

バフェット氏との昼食会権利、100万ドルで落札-前年下回る
ブルームバーグ

バフェット氏との昼食会の権利、100万ドルで落札
CNN Japan  

「バフェット氏との昼食」値崩れ、今年の落札額は100万ドル
ロイター

広告を非表示にする