ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【政治】仙台市長選に現職の奥山氏が出馬を表明

任期満了にともなう仙台市長選に現職の奥山恵美子市長が再出馬を表明しました。政党への支持や推薦は依頼せず、無所属で立候補する方針です。「震災からの復興は道半ばだが、最後まで被災者とともに歩みたい」とその理由を記者会見で述べました。

奥山氏は2009年3月の仙台市長選で初当選、政令指定都市で初の女性市長となりました。しかし、2011年の東日本大震災では、村井宮城県知事の存在感の影に隠れてしまい、いまいちリーダーシップを発揮しきれていなかったようにも思います。

 

会見で奥山氏は、東日本大震災への対応について「がれき処理や宅地被害に先導的に取り組み、新制度の創設にも貢献できた」などと振り返ったうえで、「被災者の汗と涙の道をともに歩み、それを世界に示すことが私の責務と思い至った」と出馬の動機を説明した。
(中略)
震災後は復興を最優先に政策を進めてきており、再選出馬が確実視されていた。震災直後から誘致に取り組んできた27年の国連防災世界会議の仙台市開催が23日に正式決定し、区切りとなったことから出馬表明に踏み切った。(産経ニュース)

 

として、震災復興に引き続き尽力していくことを表明しています。

 

さて、不思議なのがこのニュースを地方紙である中日新聞が報じている点。全国紙が地方面で報じているのはまだ理解できますが、東海、中部地方のニュースを報じる中日新聞がなぜ東北地方のニュースに注目したのでしょうか。

 

私の憶測ですが、中日新聞民主党との癒着がうわさされており、奥山氏が市長選に初当選したときは民主党社民党の支援を受けていました。ということは、民主党勢力がバックにあり、その方針にしたがって市政を行っている可能性があります。また、今回は無所属での出馬、とのことですが、民主党への批判や昨年末の衆院選での惨敗を受け、あえて民主党が支援してることを表にだしていないだけなのではないでしょうか。

 

 

【ニュースソース】

仙台市長選 奥山氏が再選出馬表明(宮城県)
日テレNEWS24

仙台市長が再選出馬表明 「復興の道最後まで歩む」
中日新聞

現職が再選出馬を表明=仙台市長選
時事通信

奥山・仙台市長が再選出馬 復興道半ば「被災者とともに歩む」
MSN産経ニュース

仙台市長選、奥山氏が再選出馬を表明
読売新聞

仙台市長選 奥山氏が出馬表明
河北新報

広告を非表示にする