ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【社会】道路建設見直しを巡る小平市の住民投票、50%満たさず不成立

東京都・小平市で26日、道路建設見直しを巡って住民投票が行われました。投票率は35.17%と条例で定められている50%に満たないため、住民投票は不成立となり、開票されないこととなりました。

今回見直しを求められたのは小平市内の五日市街道と青梅街道を南北に結ぶ1.4キロ区間。1963年に決定した都道「3・2・8号線」(府中市―東村山市間)の一部です。道路建設により自然環境が悪化する、などとして市民団体が意義を申し立て、住民投票が決まりました。

条例に基づく住民投票は東京都としては初となり、市民が広く政治に参加できる機会として注目を集めていました。

 

住民グループの共同代表を務める水口和恵さんは、「残念な結果でしたが、有権者の35%を超える人たちがこの問題を理解し、投票に結びついたことは大きな成果だと思います。開票されないのはおかしいと思うので、今後、市に対し結果の公表を求めていきたい」と話していました。(NHK)

 

市民団体の代表:「市長さんも住民投票に積極的ではなかったので、盛り上げていこうという雰囲気には欠けていたと思います。とても残念です」(テレ朝News)

 

にしても、市民団体代表の方の発言の切り取り方でこうも印象が変わるのか、と思ってしまいます。NHKとテレ朝で比較すると、NHKは今回の住民投票を前向きにとらえていますが、テレ朝は市長の批判になっています。おそらくどちらも代表の方の発言なのでしょうけれども、切り取り方でその意図は大きく異なってしまいます。

 

昨年の衆議院総選挙でもそうでしたが、ネットでの盛り上がりと現実の投票率は直結していないことを痛感します。小平市の住民投票もネットでみている限りではずいぶんと盛り上がっていました。私のところにもFacebook経由でこの事案を広く告知するのに協力するよう求められました。しかし実際の投票率は35%。ネットでよく目にするからといってそれが現実に直結しているわけではない、という良い例でしょう。

 

 

【ニュースソース】

道路建設めぐり都内初の住民投票 投票率達せず不成立 小平市
FNN

東京・小平の住民投票不成立、50%届かず
毎日放送

小平市の住民投票 投票率35%で不成立(東京都)
日テレNEWS24

小平市住民投票は不成立 都道計画見直し、投票率50%達せず
MSN産経ニュース

小平住民投票35%、「50%」満たさず不成立
読売新聞

道路建設巡り 小平市で東京初の住民投票
テレビ朝日

住民投票は不成立=投票率、要件届かず-東京都小平市
時事通信

東京・小平市の住民投票不成立 投票率50%下回る
日本経済新聞

小平市で都内初の住民投票 投票率50%未満開票せず
テレビ朝日

小平住民投票は不成立 投票率35・17%で要件届かず
朝日新聞

東京初の住民投票は不成立 開票されず
NHK

東京・小平市の住民投票 “50%”届かず不成立
テレビ朝日

小平市住民投票:投票率35.17%で不成立 開票せず
毎日新聞

思いの1票、日の目見ず 東京・小平の住民投票、不成立
朝日新聞

5万票開かれぬまま…小平市住民投票不成立
読売新聞

小平市住民投票 不成立 直接参加低調 声聞けず
東京新聞

広告を非表示にする