ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【科学技術】山形のバイオベンチャーが「クモの糸」の量産に成功

鋼鉄の強度とナイロンの伸縮性をあわせもった「クモの糸」の量産に山形県のバイオベンチャー「スパイパー」が成功しました。24日、スパイパーの関山和秀社長は人工合成したクモの糸を使ったドレスを六本木で披露、「クモの糸は世界で最もタフな繊維。自動車や医療などさまざまな産業に応用できる」と話しています。将来的には自動車や飛行機、人工血管などに応用する考えだそうです。

 

スパイバーの人工クモ糸は微生物から出る特殊なたんぱく質を原料としている。成分や特性はクモの糸と同様だが、分子や遺伝子の配列を見直して他の素材などと組み合わせやすくしている。微生物も培養効率を高めており、紡糸を含め繊維にするまでの量産技術を開発した。日経新聞

 

関山社長は「自動車や医療などあらゆる産業で利用できる。石油に頼らないものづくりの大きな一歩だ」と話した。(朝日新聞)

 

日本の技術力が世界に示された嬉しいニュース。

この話題を聞いたとき、「クモの糸っぽい新素材の開発かな?」と思ったのですが甘かった。微生物を使ってクモの糸そのものを人工合成しちゃいました、という話。

 

クモは縄張り争いや共食いが激しく、蚕のように人工飼育できないため、工業化は困難とされてきた。(朝日新聞)

 

蚕のようにクモを養殖して糸を取り出す、という試みはあったようですね。そこから発想を大きく飛躍させて「微生物にクモの遺伝子を組み込んで糸を創り出すようにした」というあたりがすごい。

 

ちなみにスパイパーの関山社長は30歳。昨今伸び盛りのベンチャーは30代前半〜半ばくらいの方が多いですね。バブル崩壊後、就職氷河期でひどい目にあってきた世代です。自分も同じ世代なので、ついついシンパシーを感じてしまいます。

すばらしい技術だけに、利益ばかりを追い求めるハゲタカファンドに食い散らかされないことを祈ります。

 

 

【ニュースソース】

合成クモの糸で広がる可能性、ネットでは漫画「進撃の巨人」アイテムも想定
IBTimes

2013年5月26日付け紙面より
荘内日報

世界初「クモの糸」量産化 自動車の車体などに利用
テレビ東京

世界初!合成クモ糸繊維の試作品発表(山形県)
日テレNEWS24

人工「クモの糸」繊維、大量生産 山形ベンチャーが世界初
SankeiBiz

雑記帳:クモ糸繊維でドレス
毎日新聞

人工クモ糸、量産技術を開発 鋼鉄より強い「夢の繊維」
朝日新聞

人工クモ糸繊維の量産化成功 鶴岡のスパイバー
47NEWS

世界初「クモの糸」量産化 山形県のバイオベンチャー企業
MSN産経ニュース

いずれは「クモの糸」で車・飛行機…量産化成功
読売新聞

クモの糸量産化「何兆円もの経済効果」
読売新聞

クモの糸量産 慶大発VB、車部品などに
日本経済新聞

クモの糸合成、工業生産へ=強化複合材に応用—山形のベンチャー
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

広告を非表示にする