ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【社会】痴漢行為の介護士逮捕、痴漢サイトにだまされた?

痴漢行為をはたらいた男性介護士が逮捕された、というニュース。
容疑者は「痴漢したい人とされたい人の出会いサイト」で知り合い、「合意の上での痴漢行為」と主張。一方、被害者の女性はサイトに書き込んだおぼえがなく、なりすまされた可能性が高いとしています。
痴漢された女性が被害者であることはもちろんですが、よくよく考えるとサイトの書き込みにだまされた容疑者もある意味で被害者であるともいえます。
よくある痴漢被害の報道かと思いきや、だましだまされ、のなんとも現代的な出来事だな、という感想でした。

このニュースを大きく取り上げているのはスポーツ報知、スポーツニッポン、サンケイスポーツとスポーツ紙各紙ですが、いわゆる大メディアの中で朝日新聞が取り上げているのがなんとも異色です。どのあたりにニュース性を感じたのかきいてみたいところです。

 

 

ネット掲示板見て痴漢 介護士を逮捕(和歌山県)
日テレNEWS24 - ‎2013年5月8日

「痴漢して」書き込まれ被害 容疑者「サイト見た」
朝日新聞 - ‎2013年5月9日

「痴漢サイト」なりすまされた女性を痴漢
スポーツ報知 - ‎2013年5月9日

痴漢サイト成り済まし?女性わいせつ被害、電車で隣の男が触る
スポーツニッポン - ‎2013年5月9日

痴漢交流サイト“なりすまし”に騙され?堂々お触りの男逮捕
MSN産経ニュース - ‎2013年5月9日

広告を非表示にする