ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【国際】「日韓関係悪い」が50%超、民間の世論調査結果

日本の「言論NPO」と韓国の調査研究機関「東アジア研究院」が行った世論調査の結果に関するニュースです。日本人1000人、韓国人1004人に対してアンケート調査を行いました。
記事によると、日韓関係が「悪化した」と答えたのは日本で66.3%、韓国で53.9%と、半数以上が「関係が悪化している」と感じているようです。
下記のリンクでデータが最も詳細な記事はYUCASEE MEDIAの記事。アンケート回答者の声まで紹介しているのがNHKです。
なお、聯合ニュースは韓国のメディアです。そのため、配信時間の末尾にKSTと注記しました。見出しで「日本に軍事的脅威感じる」と煽っているのは韓国メディアだからでしょうか。

 

言論NPO 第1回日韓共同世論調査の結果公表
YUCASEE MEDIA 2013/05/07

韓国人の4割「日本に軍事的脅威感じる」
聯合ニュース 2013/05/07 17:07 KST

韓国、「日本に悪印象」が7割超 民間の世論調査で
47NEWS 2013/05/07 17:43

共に4割が印象悪化=竹島・歴史問題で、日韓世論調査
時事通信 2013/05/07 18:10

日韓世論調査「関係悪い」50%超に
NHK 2013/05/07 18:27

日本の印象「良くない」韓国人8割が 日韓世論調
テレビ朝日 2013/05/07 17:46

「日本より中国」くっきり=世論調査で韓国人
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版 2013/05/07 20:00

「相手の印象良くない」日本37%・韓国76%
読売新聞 2013/05/08 07:45

 

NHKの記事を以下に引用します。
日本側は交流を求める一方で、韓国側は日本に対する譲歩を求めています。それぞれ求めているものが違うので、議論がかみ合っていないようにも思います。もちろんこれは世論調査なので、外交レベルでどのような展開になるかは、現政権の対応次第でしょう。

日本側 民間交流などで関係改善を
日本と韓国の関係について都内で聞いたところ、竹島の問題などを巡って韓国への印象はよくないという声がある一方、民間交流などを通じて関係を改善すべきという意見も聞かれました。
このうち、大学4年生の男性は、「竹島を巡る問題があるので、韓国への印象はよくないが、さまざまな問題について両国の政治家がきちんと向き合うべきだ」と話していました。
また、58歳の会社員の男性は、「サッカーのワールドカップを日韓で共催してから関係はよくなったと思っていたが、最近は悪くなったように思う。日本で活躍する韓国の歌手や俳優も多いので、民間分野からでも互いが近づいていけばよいのではないか」と話していました。
49歳の主婦は「歴史の問題のことで韓国の印象はよくないと家族からは言われることはあるが、私は韓国のドラマや音楽が大好きだ。韓国のことを好きな人もいるので、互いの交流が大切だ」と話していました。

韓国側 対話通じ譲歩求める声
最近の日韓関係について、ソウルの市民の間からは、竹島などの問題を巡って、日本が対応を改めるべきだという声が多い一方、今後については、対話を通じて共に譲歩する姿勢が必要だという意見も聞かれました。
このうち、40代の会社員の男性は、歴史認識や竹島の問題について、「日本ではわれわれが学んだことと異なり、わい曲されている」と非難していたほか、20代の女性は、「日本では安倍政権になって、過去を巡る問題発言が出るなど、反省が見られない。韓国を非難するデモまであり、関係はよくない」と話していました。
また、50代の男性は、「日本は国内政治だけを重視するのでなく、アジアのリーダーとして、隣国と平和的な関係を作らなければならない」と話していました。
一方で、今後の日韓関係については、対話を求める声が多く聞かれ、大学生の女性は、「過去の歴史問題はあるが、互いの意思疎通が不足している。両国が対話を通じて、よい関係を維持してほしい」と話していました。
また、50代の女性は「難しいときこそ両国が共に努力し、問題を解決すべきだ」と話していたほか、40代の男性は「責任ある者どうしが率直に

 

 

広告を非表示にする