ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【科学技術】アトランティス大陸の痕跡発見か!?

まずはロマンのあるニュースから。

ブラジル・リオデジャネイロ沖の海底に大量の花崗岩が体積しているのを日本の潜水調査船「しんかい6500」が発見しました。花崗岩は陸地でしか生成されないことから、かつて陸地であった痕跡であると海洋研究開発機構とブラジル政府が発表しました。

ギリシアの哲学者、プラトンが著作の中で言及しているアトランティス大陸の痕跡なのではないか、と推測されています。アトランティス大陸は大西洋にあった大陸で、1万2千年前に洪水で海に沈んだ、とされています。

 

大西洋にアトランティスの痕跡? しんかい、陸特有の岩発見
徳島新聞 2013/05/06 22:23

大西洋にアトランティスの痕跡?
大分合同新聞 2013/05/06 22:23

ブラジル沖に「大陸」判明 しんかい、陸特有の岩発見
中国新聞 2013/05/07

アトランティス大陸あった? しんかい、陸特有の岩発見
MSN産経ニュース 2013/05/06 22:23

 

なお、中国新聞以外は共同通信社の配信ニュースです。

 

この中国新聞の記事に「伝説の大陸とは時期や実態が異なるが」と書いてある通り、プラトンが記述しているアトランティス大陸が沈んだのは1万2千年前、今回発見された花崗岩の堆積物は「周辺の海底で見つかった化石などから約5千万年前には海上に出ていたが、波などで土砂が削られたり岩盤が海水で冷えて重くなったりして、数百万年後には海に沈んだと推定される」、つまり数千万年前には沈んだと推定されています。年代が明らかに異なるので、プラトンのいうアトランティス大陸とは異なるのではないでしょうか。

 

とはいえ、仮にこの花崗岩の堆積物がかつて陸地だったとしたら、古生物学上重要な発見があるかもしれません。その意味では、「未知の大陸アトランティス」と呼んでもいいのかもしれませんね。

 

 

広告を非表示にする