ニュースを比較してみるブログ

世にあふれるニュースを報道のされ方を比較、掘り下げていきます。国際、政治、経済を主に取り上げています。やや右寄りの傾向あり。

【政治】安倍晋三首相、背番号96に憶測?

長嶋茂雄さんと松井秀喜さんの国民栄誉賞表彰式後の始球式に、安倍首相が背番号96のユニフォームで臨んだ、というニュースです。首相は「96代目の首相だから」と発言しています。それに対し、憲法第96条改正への意欲を示しているのではないか、という憶測を呼びました。

 

背番号96の安倍総理 憲法96条改正への意欲語る
テレビ朝日 2013/05/05 17:38

安倍首相、「背番号96」で憲法改正アピール!?
朝鮮日報 2013/05/06 09:36

首相の背番号は「96」 国民栄誉賞の表彰式後に始球式
日本経済新聞 2013/05/05 21:33

背番号「96代だから」=安倍首相
時事通信 2013/05/05 17:16

 

比較すると、内容に食い違いが見られます。

 

首相はこの後、記者団の憲法に関する質問に「あのユニホームは私が96代(首相)だから」と答え、自身が意欲を示す改憲発議要件を定めた96条の改正とは関係ないことをわざわざ断った。(時事通信)

 

記者団から背番号が憲法改正論議で焦点になっている96条と同じ数字だと指摘されると「私は96代(の首相)だから96なんですが」と苦笑いしてみせた。日経新聞

 

時事通信は「わざわざ」という言葉を使い、安倍首相が積極的に否定して見せているように書いている一方、日経新聞は「記者団の指摘に対して答える」という形にしています。

時事通信の見方をすると安倍首相が憲法第96条を意識しているようにみえますが、日経新聞の見方をすると、記者団があえて憲法第96条に意識を向けさせたようにみえます。どちらの見方が正しいのかは、記者団が知るのみです。

また、このニュースに朝鮮日報が比較的長文の記事を掲載しているのも印象的です。朝鮮日報では背番号96を「96条改正に向けた意欲をしめしたもの」と断定。その他の政策も挙げて安倍政権の批判記事を掲載しています。

 

どの記事を読むかによって印象が大きく異なるニュースとして、とても良い例です。

 

 

広告を非表示にする